自動ドア110番 トップページ > コラム > 適材適所の自動ドアを

コラム

適材適所の自動ドアを

自動ドアには様々な種類があります。その場に合った自動ドアを利用することで、エアコンの気流を逃がすこともなく、節電にもなりますし、開閉の手間が省けることもあります。 さて、自動ドアを利用する人はどのようなシーンでどういったドアをつけているのでしょうか。 例えばセンサー式の自動ドアが設置されている場所の多くは、人の出入りが多く、大きなドアを必要としている所です。大きなドアを手動で開閉するには大変な労力を要するために、小さな子どもやお年寄りなどがドアを開閉できずに困ってしまいます。 大きな荷物を搬入することがある所では、自動ドアを付けておけば、両手が塞がっていても楽に出入りが出来ます。 タッチ式やボタン式の自動ドアが設置されているのは、人通りの多いところです。センサー式は人が店の前を通りかかっただけで、ドアが開いてしまうことがありますが、タッチ式やボタン式ではそうした心配がありません。 必要な時だけドアが開くようになっています。 センサー式とタッチ式を上手に組み合わせて使っているお店もあります。 レジとドアの距離が近いために、内側のドアはタッチ式、外側はセンサー式というように使い分けることで、 より効率の良いサービスをすることができます。

0800-805-7603