自動ドア110番 トップページ > コラム > 自動ドアで住みよい街づくりを

コラム

自動ドアで住みよい街づくりを

今や街中にて、自動ドアを目にする機会が多いかと思います。企業や店舗など、人が頻繁に出入りする場所で自動ドアの設置が増えてきています。自動ドアが普及することによって自動ドアに挟まれたり、自動ドアが開かずにそのままぶつかってしまったりする怪我には注意したいものです。
この様な自動ドアによる怪我が報告される一方で、自動ドアによってサポートされている現場もあります。例えば、医療機関や食品工場では手を使わずにドアが開閉できることによって、ドアを触るたびに手洗いと消毒をする手順を省略することができます。さらに自動ドアは気密性が高いので、ホコリや塵などを室内に侵入させるのを防いでくれます。
他にも自動ドアが活用されている場所として、介護施設などが挙げられます。高齢の方や障害をもった方など、車イスを利用されている方にとっては自動ドアを設置することでバリアフリー対策がされています。最近ですと、公共施設や駅などの多機能トイレでも自動ドアを導入している場所が増えてきているので、より住みやすい環境となってきています。
自動ドアを設置したからといって事故や、怪我などの危険性はゼロではありませんが、定期的な自動ドアの修理や点検を徹底することで防ぐことができるでしょう。自動ドアの不具合がありましたら当サイトがお役に立てれば嬉しく思います。

0800-805-7603