自動ドア110番 トップページ > コラム > 周りの環境に注意して

コラム

周りの環境に注意して

様々なお店や建物の入口に使用されている自動ドアですが、周りの環境に注意しなければ思わぬ危険な目に遭ってしまうかもしれませんので注意しましょう。
自動ドアは、様々な環境に設置されており、近くに何があるかで注意することが変わってきます。
自動ドア付近に防柵が設置されている場合や、滑りやすい床に設置されている場合は、自動ドアに激突してしまったり、間に挟まってしまう可能性が考えられるのではないでしょうか。
自動ドアが劣化していた場合も、様々なリスクが考えられます。小さな子供が、自動ドアが開くだろうと思って、勢いよく飛び出してしまったりした場合、うまく稼働しなかった時に、激突してしまう可能性があります。
それだけではなく、勢いよく開きすぎてしまったりした場合にも、付近に間に挟まれそうなものがあれば、さらに危険度が上がりますので、注意しましょう。
自動ドアは、10年程度使用したら、交換が必要な可能性が高くなってくるので、一定の期間ごとに、点検を検討されてみたり、作動不良の恐れを感じた場合は、ぜひ一度自動ドアの修理のご相談をしてみてはいかがでしょうか。

0800-805-7603