自動ドア110番 トップページ > コラム > よくある故障の原因

コラム

よくある故障の原因

ずっと自動ドアを使い続けていると、故障かな?と思う動きをすることがあります。
例えばドアが途中で開閉できなくなってしまうなってしまうといったことは、ドアレールにゴミなどの障害物が挟まって起こったり、あるいは高温多湿の状況下に置かれドアオペレーターに異常が起こったり、またタッチボタン式の自動ドアの場合、強くボタンを押しすぎることによる内部の部品の接触不良でドアが開かなくなったりします。
ドアのメンテナンスを定期的に行うことも大切ですが、普段のこまめな掃除や温度管理が自動ドアを安全に作動させることに繋がっていきます。
ご自分で出来る範囲を超えてしまった故障はすぐに自動ドア修理のプロに依頼しましょう。

0800-805-7603