自動ドア110番 トップページ > コラム > 手で開けてしまうことも

コラム

手で開けてしまうことも

自動ドアは便利な機能ですが、 使い続けていると、様々な故障が発生することがあります。 その一つが「手で開けてしまう」ということです。 自動ドアは、自動的にドアを開閉させるだけでなく、防犯として閉じっぱなしにするという役割もあります。 例えば祝日や土日ですと、建物の出入口が閉じっぱなしで、近づいても開かないところが多いかと思います。 この場合、手で開けようとしても開くことができません。 しかし、時には閉じっぱなしでも、手で簡単に開いてしまうという場合もあります。 これはベルトが切れていたり、電源が入ってないという原因でこういったことが起きてしまうようです。 これでは、防犯の役割として意味を成さなくなってしまいますので、 自動ドアの修理業者にお願いした方がいいでしょう。 または、上記のような故障が発生しないように、 定期的なメンテナンスを心掛けるのもオススメです。 修理業者は自動ドアの修理だけでなく、メンテナンスもお願いすることができます。 特にどこか悪いところが別に無くても、メンテナンスをお願いすれば、 故障を発生させる原因があるのか無いのかがハッキリしますので、 一度、メンテナンスをお願いしてみてはいかがでしょうか?

0800-805-7603