自動ドア110番 トップページ > 宮城県の自動ドア修理サービス

宮城県対応の弊社加盟店のご紹介

有限会社アースクリーン・ネットワーク
有限会社アースクリーン・ネットワークは、宮城県に拠点を置いて自動ドアの交換や修理の施工作業をしそれらに付随する業務にも対応している会社です。自動ドアはシンプルな構造ですが、センサーやドアの形状が曲がってしまうと開閉の動作が不安定になってしまいます。場合によっては、自動ドアを通るお客さまにケガをさせてしまう可能性もありますで早急な対処が必要になります。そういった場合に念の為、最寄りに業者があるかどうか調べて確認しておくことも大切です。自動ドアの大半のトラブルや故障は、上部に設置してあるセンサーの不具合が多いとされています。ご自身ですぐに解決できると助かるのですが、センサーの不具合やズレの対処は知識や経験がないと難しいものです。それらのトラブルを柔軟に対応している有限会社アースクリーン・ネットワークは、社員一丸となって環境について考えそれらの問題にも向き合っています。お客さまの為、地球の為にできることを日々追及している会社です。親切丁寧にトラブルを解決してくれるでしょう。
について

知らなかった?宮城県の自動ドア事情

宮城県は総人口が230万人前後となっている東北地方の1エリアであり、ここ数年都道府県営住宅バリアフリー化戸数が増加しています。その数については2012年時点で1153戸数となっている一方で、その比率については13.1%となっています。こういった数字は需要の増加に関係しているのが、自動ドアという設備の導入となっています。一般的な自動ドアの特徴については、主に自動でドアが開閉されるということになっています。バリアフリー化住宅に住む住民の多くは高齢者となっており、しかも体が不自由であるということが多いです。言い換えれば、車椅子や松葉杖などを使って日常生活を過ごしている方の割合が多くなっています。宮城県ではこういった事情があるので、マンションなどの集合住宅にバリアフリー対策として自動ドアを導入する流れが増加しています。バリアフリー以外のメリットも多数あり、買い物などをしている時に自動ドアを活用することが出来ます。両手に荷物などを持っている時でも、自動でドアを開閉してくれる設備となっているのが特徴です。ですが故障した場合には修理が必要となっており、宮城県の専門業者に依頼をすることで再び使えるようになります。修理に出す際においては、住民側ではなく管理人が専門業者に連絡をするということがポイントです。確かに日常生活において使う機会が多いのは住民ですが、集合住宅の責任者については管理人となっています。なのでバリアフリー化住宅に不備などが発生した時には、管理人が責任者として対応していく仕組みとなります。ですが修理に出す場合においては、いきなり行うではなく住民の承諾を得てからの方が確実です。また自動ドアという設備については、バリアフリー化住宅以外にも飲食店や娯楽施設などで見かけることが多いです。このように日常生活に大きく貢献していることが、自動ドアという設備の最大の特徴でもあることが再確認出来ます。

自動ドア110番の宮城県地域における対応エリアについて

  • 仙台市青葉区
  • 仙台市宮城野区
  • 仙台市若林区
  • 仙台市太白区
  • 仙台市泉区
  • 石巻市
  • 塩竈市
  • 気仙沼市
  • 白石市
  • 名取市
  • 角田市
  • 多賀城市
  • 岩沼市
  • 登米市
  • 栗原市
  • 東松島市
  • 大崎市

ご相談・お見積りはお気軽に!