自動ドア110番 トップページ > コラム > 開いたままだったり、動きが遅い場合は

コラム

開いたままだったり、動きが遅い場合は

通常のドアの場合ご自分でドアを開ける必要がありますが、 自動ドアはセンサーで感知して自動的に開けてくれるのでとても便利です。 しかし、時に自動ドアの調子が悪くなってしまうことがあります。 例えば、開いたままだったり、動きが遅い場合です。 この場合、安全光線のレンズが汚れてしまっていることがあるようなので、 汚れを取り除くことで直ることがあります。 ただし、安全光線そのものが壊れている場合、それなりの技術力が必要になってくるので、 ご自分で対処するのが難しくなってしまいます。 そのような時は、遠慮なく自動ドア修理の業者までご相談ください。 こうした業者は自動ドアの修理に関してはプロフェッショナルです。 自動ドアのあらゆる故障に対応出来るよう、必要な技術と知識を備えているのです。 ただし、業者の中には悪質な業者がいることも忘れないようにしてください。 例えば、点検を充分に行っていないにも関わらず、不必要な部品を交換しようとする業者がいます。 その場合、法外な料金を請求されることもあるので、 そのような業者に引っ掛からないためには、まず業者に対する評判をよく確認するようにしましょう。 当サイトでご依頼出来る業者は丁寧な作業を心がけていますので、ご安心いただければと思います。

0800-805-7603