自動ドア110番 トップページ > コラム > 見えない部分も定期交換することが必要です

コラム

見えない部分も定期交換することが必要です

近づくだけで、あるいはボタン一つで自由に開閉できる自動ドアは、商業施設から事業所まで様々な場所で使われていますが、使用頻度の高い場所の自動ドアは、故障すると通行に支障が出ることから、故障して止まってしまうという事は避けたいところです。 その為には、定期的に必要な部品交換をしっかり行う必要があるのですが、見えない部分にあるものには中々そういう考えが至らないものです。 例えば、自動ドアを開閉させるために使われるベルトやチェーン。年月とともに劣化して破断してしまうことが考えられます。また、釣り戸車やそれが通るレールも、摩耗したり歪んだりして、自動ドアの開閉を妨げてしまうこともあります。更に、自動ドアの開閉を制御しているインバーターは、自動ドアの開閉のたびに大電流が流れるので劣化のスピードが早いので、定期的に交換しなければならないいわば消耗品と言っても良い部分です。 ただし、これらを交換するには自動ドアを一部分解しなければ行けませんし、場合によっては取り外しも必要かもしれません。重量のあるドア本体など、倒したり、ぶつけると大怪我や破損に繋がるものもあるので、もし、部品の定期交換が必要だと感じた時は当サイトにお電話いただくことをお勧めいたします。

0800-805-7603