自動ドア110番 トップページ > コラム > 自動回転ドアの長所

コラム

自動回転ドアの長所

自動ドアは、広く利用されている引き戸タイプのものが一般的ではありますが、回転ドアタイプのものもあります。見た目の違いは明らかですが、それ以外にはどのような特徴があるのでしょうか。

・気密性が高い
回転ドアの場合、常に片側は閉じられることになります。そのため実質的な開口部を狭くする事ができるため、外気やゴミなどが侵入することを防ぐ効果があります。単純に気密性を上げるのなら自動ドアを二重にするという方法もありますが、こちらは人の出入りが激しくなりますと常にドアが開かれる状態になり、外気が入り込んでしまうのです。

・ドラフト現象の抑制
屋内の温度差・気圧差が大きくなりますと、ドラフト現象の発生によってドアが開きにくくなってしまいます。しかし遮断性の高い回転ドアは、いつでもスムーズに開閉できるのです。

・省エネ
人の出入りによる熱の移動を減らすため、冷暖房の効率が上がり、省エネにつながります。

このように、自動回転ドアには多くのメリットがあります。しかし、自動回転ドアは馴染みの薄い自動ドアのため、時には事故が発生することもあるようです。もしも故障していれば、そのリスクは更に高いものになってしまいます。安全のためにも、機能性のためにも、自動回転ドアも修理・保全は欠かせません。自動回転ドアも、そのような作業が必要になりましたらいつでもご相談ください。

0800-805-7603