自動ドア110番 トップページ > コラム > 思い当たりませんか?自動ドアの使い方

コラム

思い当たりませんか?自動ドアの使い方

自動ドアで怪我をするケースは少なくありません。 例えば、閉まりかけているのに無理やり自動ドアを通っている方はいらっしゃいませんか?自動ドアはセンサーによって人を感知するので、閉まりかけても人が近づけばまた開いてくれます。ですが、閉まる寸前に通ろうとすると、ドアにぶつかってしまう恐れがあるのです。自動ドアを通る時は、十分開いたのを確認してから通るのが重要です。また、いくらセンサーで感知してくれるとは言え、すぐにドアが開いてくれるわけではありません。もし、走って自動ドアに近づくと、ドアが開ききれず、ぶつかってしまうことが考えられます。他にも、自動ドアで遊ぶのは厳禁です。何度も自動ドアを開閉させたり、無理やり自動ドアを手で押さえたりすると、それこそ大怪我のもとになります。怪我だけでなく、自動ドアが壊れて修理に出す恐れもないとは言えません。 少しでも皆さんが安全に自動ドアを使ってもらうために、ステッカーを貼るのが良いでしょう。ステッカーには自動ドアに関する注意書きがされているので、貼るだけでも抑止力効果があります。 普段、どのように自動ドアを使っているかで、怪我・故障の確率は大きく変わることは覚えておきましょう。

0800-805-7603