自動ドア110番 トップページ > コラム > 自動ドアのガラス

コラム

自動ドアのガラス

自動ドアを設置する上で、気にして欲しい面は色々とありますが、 その中でも主な表面となるガラスについて、設置の際はしっかりと決めることが大切だと思います。

自動ドアを主に使用する場所がやはり、入り口でその場合、ガラスが外壁の一部となります。

ガラスの厚みは、耐風圧の強度から算出されます。

ですが、自動ドアのガラスは普段から動く物なので、あまり厚みがありすぎても機械として動かすには難しい物もできています。

ですので、自動ドアで使用するガラスの特徴としては、ガラスの厚みと割れた際に被害が大きくならない為の飛散防止ガラスや、ガラスが簡単に割れることのない防犯ガラス、そして火災が起きた時の為の防火ガラスなどが有ります。

自動ドアのガラスでも、種類が沢山ある為それぞれの利点を利用して、その場の安全性を強めることが出来る為、どこに設置する物なのか、また自動ドアの利用者はどんな人なのかを考えて、自動ドアのタイプにあった自動ドアのガラスを選択することがとても重要です。

安全面、耐久度等、業者と相談してガラスを決める事がどんな自動ドアが設置されるかの半分を占める内容だと思います。

0800-805-7603