自動ドア110番 トップページ > コラム > 自動センサーの調整も大事です

コラム

自動センサーの調整も大事です

「自動」というのは自らの力を必要としませんので、「手動」に比べ大変便利なものです。『自動ドア』もそうですね。マンションのエントランスやデパートなど、荷物を両手に持っていても自動で扉を開けてくれるのですからとても助かります。しかしその一方うで「自動」には危険が潜んでいることも忘れてはいけません。ヒューマンパワーではないということは、人の感覚で手加減出来ないということです。危ない!と思っても、途中で止めることが出来ません。よくある事故として、自動ドアが閉じかけのところに入って来てドアが止まらず挟まれた、というものです。自動ドアは通常センサーによって人を感知して作動します。しかしこのセンサーに死角があると、人が居ないものとして判断してしまいます。その結果、ドアに挟まれたり、或いは開かずに衝突したり、という事故に繋がってしまうのです。いつもと同じ利用の仕方をしていても、場合によってはこのような事故に巻き込まれないのが、自動ドアの注意点でもあります。しかしやはり自動ドアは便利なもの。安全に使用していれば問題ありません。そのためには日頃のメンテナンスが不可欠です。特に、センサーが確実に人を感知できるような調整も大事なメンテナンスの一つです。

0800-805-7603