自動ドア110番 トップページ > コラム > 昔の自動ドアについて

コラム

昔の自動ドアについて

自動ドアの修理では、センサーのトラブルなどで自動ドアを修理することが多いです。このセンサーですが、いったい何を感知して自動ドアを開け閉めしているでしょうか。重さであると答える方もいらっしゃいます。確かに自動ドアの前にはマットがあり、そこで体重を検知しているのではと思われる方もいらっしゃるようです。しかし、現在の自動ドアのセンサーは上の方に取り付けられています。そこから電波などを利用して、人の姿を感知してドアの開け閉めをしているのです。ただし体重を感知するというのも間違いではありません。昔の自動ドアでは体重を感知することで開け閉めをしていました。昔は体重を感知して開け閉めをする自動ドアの方が主流だったのです。しかし、現在のセンサーに比べると精度が低いために段々と体重を感知するタイプの自動ドアは使われなくなってきました。電波や光線を利用したセンサーに変わってきているのです。今では体重を感知する自動ドアはほとんどないと言って良いでしょう。もし自動ドアが反応しなくても、体重が軽いから反応しなかったと思うことはもうないのです。身長が低い、センサーの異常などが考えられますので自動ドアの修理をご依頼ください。もし身長が低いからということでしたら、センサーの設定が変わって高い位置の人しか反応しなくなっているのかもしれません。再設定や自動ドアの修理で解決するでしょう。

0800-805-7603