自動ドア110番 トップページ > コラム > 日頃の点検の必要性

コラム

日頃の点検の必要性

今やどこでも見かける自動ドアですが、様々な種類が存在しており、ドアによってメンテナンスや修理の仕方も全く変わってきます。当サイトにも様々なご相談を寄せられておりますが、特に多いのが自動ドアの故障に関するお問い合わせです。
ドアが動かなくなってしまった、異音がするようになってしまったといったご相談を多く受け付けます。

自動ドアには点検が欠かせません。自動ドアはセンサーなどの繊細な機器で構成されており、
一つ故障してしまうと、人が怪我をするような事故に至ってしまう危険性もあります。
また自動ドアには耐用回数もあります。これは部品の摩耗や、環境的な部分で個体差はあるものの、
およそ50万回以上の開閉で耐用回数が来てしまうと言われています。
これを超えて使用をすると、様々なトラブルを引き起こす原因となるため、定期的な点検、必要であれば部品の交換を行うことが重要です。


点検ではサッシやレールなどの汚れや摩耗などはもちろんのこと、他にも自動ドアの電気回路部分の点検をすることもあります。こうした点検をしっかり行うことで、万一のトラブルを未然に防いでいるのです。
日頃から自分で掃除をしたり、明らかな異物を取り除いたり、自動ドアを大切に使う努力をすることも大切ですが、
こうした点検は自動ドアに関する知識のある人間でないと難しいものです。

万一自動ドアで故障や、動作に怪しい部分があった場合はまず当サイトにご相談ください。
お客様の立場に立って対応致します。

0800-805-7603