自動ドア110番 トップページ > コラム > 定期的な部品交換

コラム

定期的な部品交換

会社や公共施設でよく見る自動ドアですが、名前の通りセンサーが感知すると自動で開閉するため非常に便利なものです。自動ドアには安全に動かすために様々な部品が使われていますが、それらが故障や破損してしまうと正常に動作せず、事故やトラブルの原因になります。普段目に見えていない部品ですが定期的にメンテナンスすることで、ドラブルや事故を未然に防ぐことにつながります。 ドアの開閉頻度や設置場所の環境によっても異なりますが、それぞれの部品にはメーカーが推奨する「保守部品推奨交換時期」があります。この時期を超えると故障の確率が跳ね上がり、分かりやすいサインなどもでてきます。わかり易い例をいくつかあげてみます。
・ドアハンガー
これは自動ドアをレールから吊るしている滑車のようなものです。このドアハンガーを交換時期が超えたまま使用した場合、摩耗や変形が原因で異音の発生やがたつき、最悪の場合ドアが外れてしまうこともあります。

・プーリー
これはドアを動かすベルトを駆動させるギアのようなものです。メンテナンスを怠ると亀裂が入り異音の発生や破損により動作停止を引き起こします。モーターに異常が発生した場合にもプーリーに負荷がかかり同様の症状を引き起こします。

・センサー
センサーが異常をきたすと、反応が悪くなるだけではなく、開閉を繰り返したり突然閉じてくるなんてこともあります。素早く反応できる人ならまだしも、お年寄りなど体を悪くしている方が利用するときにこのような異常が発生したら事故ではすまないかもしれません。

トラブルや事故を未然に防ぐためにも定期的なメンテナンスと異常を感じた場合には業者に依頼してすぐに自動ドアを修理してもいましょう。

0800-805-7603