自動ドア110番 トップページ > コラム > 反応しないのは自分だけ?

コラム

反応しないのは自分だけ?

自動ドアが設置されているビルや商業施設、マンションを多く見かけます。センサーによって人を感知したらドアが自動で開閉するため、両手が塞がっている時にはとても助かります。しかし、自動ドアの目の前にいっても開かない、なんてご経験はありませんか。一度ならたまたまタイミングが悪かったのだろう、故障しているのかもしれないと思うでしょう。では、自動ドアが反応してくれないことが頻繁に起こる場合はどうでしょうか。「自分は自動ドアに反応してもらえない」と悲観的に捉える方もいらっしゃるかもしれません。実は、自動ドアが反応しないにはきちんとした原因があります。現在主流となっている自動ドアのセンサーは「近赤外線タイプ」です。近赤外線タイプのセンサーは、頭上から近赤外線の光が出ていて、反射の変化によって自動ドアが開閉する仕組みになっています。そのため、センサーの下を通るとき、服の色や素材によって、反応しないことがあるのです。暗い色のコートやセーターを着たり、ニット帽、手袋を着用する機会が多い冬は、特にセンサーが反応しにくくなります。センサーが反応しないからといって、何度も自動ドアの前を行き来するのは恥ずかしいと思われる方が多いでしょう。スムーズに自動ドアを開けたい場合は、身に付ける衣服の色に気をつけてみるといいと思います。

0800-805-7603