自動ドア110番 トップページ > コラム > 利用者も管理者も気をつける

コラム

利用者も管理者も気をつける

自動ドアは今やいたるところで利用されています。近づけば自動で開くセンサータイプやスイッチに触れることで開くタイプ、回転式の自動ドアなど、複数のタイプがあります。どのタイプにも利点があり、場所や環境に合わせて設置されています。しかし、どのタイプの自動ドアも、気をつけなければ、事故につながることがあるのです。自動ドアにおける事故は、管理者だけでなく、利用者にも責任がある場合もあり、双方が気をつけなければなりません。例えば、メンテナンス不足による動作不良や破損は、定期的なメンテンスや自動ドアの修理を怠ったことにより発生しているため、当然管理者側の責任になります。自動ドアには様々な部品が使われているため、それぞれの寿命や状態を定期的に確認する必要もあるのです。一方で利用者に責任があるケースは様々です。例えば、「締まりかけている自動ドアに駆け込んだため挟まれてしまった」「センサーの反応しにくい斜めから走りながら近づいた結果、ぶつかってしまった」など、センサーがついているとはいえ、動きが早いものや捉えにくい位置からの接近には反応が遅れてしまいます。これに対して、管理者側は注意を促すくらいの対処しかできません。無理な利用は控え、落ち着いて近づくことで、無用な事故を回避することができるのです。自動ドアの安全は利用者側と管理者側の両方で作っていくのです。

0800-805-7603