自動ドア110番 トップページ > コラム > 修理までいかずに済む場合もあります

コラム

修理までいかずに済む場合もあります

自動ドアの修理をご検討されている方はいらっしゃいますか?自動ドアは手動で開ける必要がない便利なドアですが、使い続けて調子が悪くなってしまう場合があるので、注意が必要です。 自動ドアの調子が悪くなる原因は様々ありますが、中には修理までいかずに済むこともあるようです。例えば、人が近づいてもドアが開かないといったケースがあります。この場合、一度配電盤または分電盤のブレーカーが切れているかどうか確認してみましょう。ブレーカーを入れればまた使うことが出来る可能性があります。また、単純に電源スイッチが切れていた場合、電源スイッチを入れて自動ドアが動くかどうか確認してみてください。 他にも、電源が入っているのにドアが開かないというケースもありますが、この場合、障害物がドアに引っかかっていたり、寒冷地だと、雪が原因で動かないことがあるので、障害物を取り除いて動くかどうか確認してみましょう。逆にドアが開きっぱなしの場合は、センサーが障害物を検出している可能性があるので、この場合も障害物があるかどうか探してみてください。 もし、これらのことを試しても直らない場合は、遠慮無く本サイトまでご相談ください。本サイトは自動ドアの修理のご相談を受け付けています。

0800-805-7603