自動ドア110番 トップページ > コラム > 人間の生活に欠かせない自動ドア

コラム

人間の生活に欠かせない自動ドア

自動ドアにお世話になっていないという方がいないというほど、近年の日本には自動ドアはなくてはならないものの一つになっています。日本の自動ドアは建築用として1950年後半から広く普及をしてきました。最近では省エネや環境保持など利便性を高める以外の用途も拡大の一途をたどるようになりました。自動ドアと言えば、やはりその利便性が1番注目されます。両手が荷物などでふさがっていても、手を使わず開けられる自動ドアはとても便利なものです。また、高齢者や障害者施設などでは円滑に生活を送る上でなくてはならないものとして自動ドアは重要な役割を担っています。それだけでなく、自動ドアはドアが常に開放状態にならないことから、冷暖房を効率よくできるという省エネ効果も期待することができます。しかも、外部からのホコリ・チリ・騒音を防ぐこともできるので、建物の中を快適にすることにも大きな役割を果たしています。そして、病院では手を使わずにドアを開けられることから衛生面の徹底ができるなど、自動ドアは私たちの生活の中のあらゆる場面で活躍をしています。このように私たちの生活の中で欠かすことのできなくなった自動ドアですが、当然ですが故障をしてしまえばその機能が発揮できなくなってしまいます。自動ドアが故障してしまったら、自動ドア修理業者に依頼をするのが解決への近道です。

0800-805-7603