自動ドア110番 トップページ > コラム > 事故を未然に防ぐために

コラム

事故を未然に防ぐために

自動ドアは今や欠かせないものとなってきました。 両手が荷物で塞がっている時は重宝しますし、人通りの多い場合では扉を大きくしなくてはならないため、もし手動のドアにしてしまうと開け閉めが非常に大変です。また開けっ放しにならないため、エアコンの気流が逃げたりせず便利です。 そんな自動ドアは電子機器を利用してドアの開閉をします。当然故障したりすることも考えられます。 手動のドアであればもしも壊れても、何処が壊れているのか一目瞭然ですが、自動ドアはもしも電子機器の部分が故障してしまった場合は、すぐに修理をすることが出来ません。また自動ドアは強い力で開閉を行うため、センサーなどに異常をきたすと身体や異物を挟んで大怪我をしてしまう恐れもありますので、日頃のメンテナンスが非常に大切になります。 またこんな時は一度使用を止めましょう。 ・レールなどに異物が挟まっているわけでもないのに、ドアが開いたままになってしまう ・カギがかかっているわけではないのに、ドアが閉まったまま動かない。 ・ドアが開く時に嫌な音がするようになった。 ・ドアから煙が出たり、嫌な臭いがするようになった。 これらの場合はドアオペレーターの故障が考えられます。 安易に部品を触ったりせずに、まずは当サイトにご相談ください。

0800-805-7603