自動ドア110番 トップページ > コラム > センサーの不調は早めに直しておきましょう

コラム

センサーの不調は早めに直しておきましょう

自動ドアには色々なタイプのセンサーが使用されています。主に使われているのはドアの上方に取り付けられるセンサーですが、補助として足元に取り付けられるセンサーや、不用な時に開くのを防ぐスイッチ式でも、マットに人が乗ることで開くタイプもあれば、手元のスイッチで開くものもあります。
これらは正常作動することで、安全かつ素早くドアの開閉を行なっていますが、センサーの調整が悪いまま使用していると、どうなるでしょうか。
例えば、ドアの前に近づいても開かないとなれば、出入りに支障がありますし、ドアが開くと思って歩いている人がぶつかってしまう事が考えられます。
また、自動ドアはドアの間に物や人がいる間は閉まらないようになっているものがほとんどですが、もしセンサーの調子が悪いままだと、誰かがドアの間に居るのに閉まってしまい、怪我や事故の元になることも考えられます。
自動ドアは開けば良い、閉まれば良いというものでもありませんから、定期的にセンサーが正常作動しているかチェックしてみて、不調が出ているなら早めの修理をおすすめします。
自動ドアの修理、特にセンサー部分の交換や修理についても、当サイト相談窓口が年中無休で受け付けていますので、どうぞお気軽にご相談ください。

0800-805-7603