自動ドア110番 トップページ > コラム > センサーの不具合も考えられます

コラム

センサーの不具合も考えられます

自動ドアの存在を今更特別に感じることがないくらい、今はどこにでも自動ドアが付いていて、当たり前のように利用しています。マンションのエントランスや、銀行やショッピングセンターの入り口、コンビニやビルなどにも多く設置されています。昔の自動ドアは、ドアの手前に連動マットが置いてあって、誰かが乗ることによりその重さを感知して開く、というものが主流でした。しかしこの方式だと体重が軽いお年寄りや子供では開かない場合があり、それが事故に繋がることもありました。今では赤外線などのセンサーによって感知して開くシステムに変わってきていますので、体重は関係なくなり、開かないというトラブルも無くなりました。 しかしそれでも自動ドアの事故やトラブルは、未だ無くならず報告されています。それは何故でしょうか。原因はセンサーの不具合にあります。自動ドアのセンサーも角度調整や感度調整が出来るので、その調整が上手く出来ていないと、やはり「開かない」という現象が起きます。そのためいつも通り開くものだと思って自動ドアに近づいたものの、開かず衝突したり、或いは早く閉じてしまって挟まれたりという事故が起きてしまうのです。自動ドアは確かに便利ですが、それには「必ず開く」という前提があってこそです。自動ドアのメンテナンスを怠らないようにしましょう。自動ドアのメンテナンスは、本サイト「自動ドア110番」にご相談ください。

0800-805-7603