自動ドア110番 トップページ > コラム > ちょっとした調整のご相談もお待ちしています

コラム

ちょっとした調整のご相談もお待ちしています

自動ドアを使う時は様々な調整が必要です。扉の閉まるスピード、開くスピードはもちろん、自動ドアならではのものとしてセンサーの調整があります。 扉の枠の上部にセンサーがついているものは、人が近づくことで扉の開閉を自動で行なってくれるのですが、このセンサーが自曲者です。 ドア枠上に設置されているタイプのものは、人が近づくと赤外線によりそれらを検知押して自動ドアを開けるので大変便利なものですが、センサーの検知範囲が真下に近いと、せっかくの自動ドアなのにドアの手前で立ち止まるというのは大変もったいないものです、また逆にセンサーの検知範囲が遠すぎると、ただ傍を通っただけの人に反応してドアが開いてしまいますので、無駄に開閉が多いドアになり煩わしく感じます。 ドアの開閉スピードが遅すぎればやはりドアの前で立ち止まることになりますし、早すぎるとモーターなどに負荷がかかってしまいますので、故障する頻度が高くなってしまいます。 自動ドアは使いやすいように調整をすることで、これらんお面倒なことからは開放されますが、調整には電気的な知識も必要な場合がありますので、当サイトにお気軽にお申し付けいただければ、自動ドアの細かな調整についても対応させて頂きます。

0800-805-7603