自動ドア110番 トップページ > 秋田県の自動ドア修理サービス

秋田県対応の弊社加盟店のご紹介

リリーフ
リリーフは、秋田県を拠点に自動ドアの修理や交換に対応している会社です。日常的に使う自動ドアですが、自動ドアの故障は事故につながりやすく、自動ドアの調子が悪いと感じたらすぐに修理や点検を行わなければなりません。自動ドアのセンサーが悪くドアが開いていないのにそのままぶつかってしまったり、自動ドアで顔を切ってしまったという事故が起きたこともあります。このように自動ドアは便利であるからこそ、思いがけない事故が起こりやすく、事故を防ぐためにもしっかりとメンテナンスを行わなければなりません。リリーフは自動ドアに関する知識が豊富なだけでなく、数多くの自動ドアの修理や交換を行なってきた実績のある会社です。定期的なメンテナンスだけでなく、利用者からセンサーの反応が悪いなどの声が届いた時点で自動ドアの点検を依頼するようにしましょう。豊富な知識と経験のあるこちらの会社が、自動ドアを安全に使用出来るように力になってくださります。
について

知らなかった?秋田県の自動ドア事情

都道府県営住宅バリアフリー化戸数の増加が秋田県で目立ち始めており、バリアフリーに対する意識が高くなっています。2012年度におけるバリアフリー化戸数については838戸となっており、ここ数年で増加傾向にあることが特徴です。また同じ年度における比率については36.5%となっており、高齢者にとって住みやすい住まい環境が次々と準備されています。一般的にバリアフリー化計画が進んでいる住宅については、スロープやエレベーターなどの共用設備が導入されていることが多いです。ですがそれだけではなく、自動ドアという共用設備の存在も大きく関係しています。主に玄関先で設置されていることが多い自動ドアですが、これによって次のようなメリットが得られます。秋田県では雪が降る機会が平均より多くなっており、冬のシーズンになると積雪によって足場が悪くなることがあります。特に体が不自由な高齢者の場合には、こういった足場が不安定な場所ではドアの開閉作業によって怪我をすることがあります。ですが自動ドアであれば、基本的にドアの前に立つだけで開閉してくれることになります。なので高齢者の事故防止という面において、自動ドアはとても大きな役割を果たしていることになっています。ですが精密機械となっているため、突然内部構造に異常が発生して故障してしまうこともあります。その場合にはメーカーに修理を依頼する必要があり、秋田県にはいくつかの会社が営業しています。センサーやモーターなどに異常が発生するケースが多いですが、修理を依頼すれば比較的短時間で作業が完了します。自動ドアは一般市民の生活に大きく貢献しており、それが突然使えなくなると色んな不具合が発生します。なので日頃から丁寧に扱うことを心がけることで、実際に修理に出すといった機会も減少していきます。また自動ドアが日常生活において必須という高齢者も多いため、それだけ大きな役割を持っているということにもなります。

自動ドア110番の秋田県地域における対応エリアについて

  • 秋田市
  • 能代市
  • 横手市
  • 大館市
  • 男鹿市
  • 湯沢市
  • 鹿角市
  • 由利本荘市
  • 潟上市
  • 大仙市
  • 北秋田市
  • にかほ市
  • 仙北市

ご相談・お見積りはお気軽に!