沖縄県対応の弊社加盟店のご紹介

株式会社サンライフ
自動ドアの反応が悪くなったり、開かなくなる、閉まらなくなる、作動時にガタガタするなどといったトラブルは頻繁に起きます。自動ドアが正常に作動しなくなった場合、人が挟まれたり、衝突するのを防ぐためにも自動ドアの電源を切り、故障中の張り紙をして、出入り口を利用する人にも分かるようにし、すぐに修理を頼んだほうがいいでしょう。株式会社サンライフは、沖縄県にて自動ドアのトラブルに対応してくれる会社の一つです。自動ドアが故障してお困りのお客様の元へとすぐに駆けつけて、状況の確認をし、経験豊富な作業員が手際よく修理を行ってくれます。台風の直撃が多い沖縄では、強風によって飛来物が自動ドアに衝突して故障することも多く、急な修理が必要になることもあります。こちらの会社は、急な依頼にも快く対応してくれるので、自動ドアのトラブルでお困りの時にはとても頼りになります。
について

知らなかった?沖縄県の自動ドア事情

沖縄県では都道府県営住宅のバリアフリー化戸数が増加しており、年々その需要が高くなっていることが特徴です。2012年では4280戸数まで増加している一方で、25.1%ものバリアフリー化率となっているのもポイントです。沖縄県におけるバリアフリー化の増加理由として、自動ドアという機械や設備が大きく貢献しています。具体例を少し紹介していくと、1つめに沖縄県の気候条件が大きく関係しています。日本の中でも気温が高い時期が多いため、冷房における対策というものを欠かすことが出来ないです。エアコンによって発生した冷気を、自動ドアを活用することで簡単に調整することが出来ます。基本的に人が自動ドアの前に立たない限りは、閉まった状態となっているのが特徴です。そのため最低限の開閉動作で済むので、冷たい空気をより効率良く室内に維持することが出来ます。また2つめのメリットとして、体が不自由な方が利用する場合の内容となります。車椅子や松葉杖を使って移動することが多い高齢者は、普通のドアの開閉作業だけでも大きな負担となっています。しかし自動ドアでは自分でドアを開ける必要がないので、体が不自由な高齢者でも問題なく利用することが出来ます。このように多くのメリットがある自動ドアとなりますが、絶対に故障しないという設備ではないです。機械となっているので故障することがあり、その場合には修理しなければ再び使うことは出来ないです。日曜大工で簡単に修理出来るといったものではないため、故障した時には専門業者に依頼をする必要があります。急に故障するといったことも珍しくないので、定期的に動作チェックなどをすることがポイントとなります。また実際に修理を依頼した場合には、再び使えるようになるまで多少の時間がかかることが注意点です。なので修理を行う場合においては、出来るだけ住民が外出することが多い日中に行うことがポイントです。そして事前に住民全員に修理を行うことを通知することで、余計な住民トラブルも発生しなくなります。

自動ドア110番の沖縄県地域における対応エリアについて

  • 那覇市
  • 宜野湾市
  • 石垣市
  • 浦添市
  • 名護市
  • 糸満市
  • 沖縄市
  • 豊見城市
  • うるま市
  • 宮古島市
  • 南城市

ご相談・お見積りはお気軽に!

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-553

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-553

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

安心の明朗会計

日本全国受付対応

24時間365日受付対応中

お客様満足度98%以上

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。